スポンサーサイト

2014.04.15 Tuesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    結婚スピーチのための「横瀬武夫の良いところメモ」

    2014.01.15 Wednesday

    0
      親友の横瀬武夫から、結婚披露宴でのスピーチを頼まれた。原稿を書き始めてみたのだが、うまく書けない。そこでまず、彼の良いところをメモ書きにしてみることにした。
      8年間、かなり親密につきあってきたのだが、あらためて「良いところ」を考えるとなかなかむずかしい。失敗談などはすぐに思いつくのだけれど。
      まず言えるのは「友だち思い」ということだろう。男気もあるので、おれが人とトラブルになったりすると、「おれが間に立ってやるよ」とか、「おれが代わりに話してやろうか」と言ってくれる。
      そういう意味では、これから夫になり父になり、家庭を支えていくために必要な資質を持っていると言えるだろう。これはぜひ、スピーチに盛り込もう。
      それから、うーん。考えてしまう。親友だけに、かえって褒め言葉が出てこないものだ。
      あ、あれがあった。金に関して太っ腹ということ。ずいぶんおごってもらったし。でも、それは家庭人としては「浪費家」というデメリットになるのかもしれない。スピーチでは触れないほうがいいだろうな。
      同性の友人にはかなりフランクに話せるのに、女性に対しては引っ込み思案、ってところもあるな。これはいいだろう。「浮気をしない」って感じに聞こえるだろうし。けど、そんなことをわざわざ結婚披露宴で「披露」する必要もないか。
      うーん、むずかしい。結婚披露宴のスピーチっていうのは、かなりの制約があるもんだな。
      横瀬武夫・・・・・。そうそう、大学のサークル仲間と、埼玉の横瀬町にハイキングに行ったことがあったな。果樹園へ行って、プラムを採ったりしたっけ。「横瀬つながり」で、その話をしてもいいかも。
      そのときもそうだったけど、あいつ、初めて行くところでも、地図をひと目見ただけで、みんなのナビゲートをしてくれるんだよな。おっ!これ、いけるんじゃないか?
      「横瀬武夫くんは、学生時代、どこへ行くにもナビゲーターの役を買ってくれていました。彼は人一倍地図を正確に把握し、進むべき道を示してくれる男です。結婚してから、彼のその能力はいよいよ生かされるのではないでしょうか。家族の生活、人生のナビゲーターになってくれると思うのです。奥さんのお名前が未来(みく)さん。なので、彼のナビゲートで奥さんの未来を開いていってほしいと、友人として願っています。横瀬武夫くん、未来さん、御結婚、おめでとうございます。」
      できた! これでイケる。この前にちょっと自己紹介なんかをつければいいんだ。おめでとう、おれ!